« 2018-2019シーズンの千葉ジェッツと私。 | トップページ | 河田が鳴らす反攻の鐘!ヴォルティス、苦戦を制して5試合ぶり凱歌。 »

2019年6月 4日 (火)

ヴォルティス、誰が出てもできることの証明と強さ。

2019J2リーグ 第16節 石川県西部緑地公園陸上競技場
ツエーゲン金沢 0 - 0 徳島ヴォルティス
 
 
2日経ってみたが、考えが詰まったままで方向が見つかっていない。
諦めてなんかいない。
ここまで内容がいいもので安定できていて、でも結果につながらないことに戸惑っているだけだ。

 
佐藤に代わって...とは失礼だろうが、河田はとてもよかったし、彼が起用されても周囲が同じレベルを創れることがわかったことは収穫だ。
我々以上に選手たちにとって収穫なんだろう。
彼らも結果が出ない中で、離脱者も出ると不安になるだろう。
試合中にバイスが交代したときのように、何が起きたのか不安にも襲われただろうしね。
それでも自分たちを信じる続けて闘えたのは今のヴォルティスの選手たちの強さの証明だと思う。

 
とにかく今は殻が突き破れるのを待とう。
上だけ見ていこう。
まだ勝ち点差は悲観する差じゃない。
誰が出てもクオリティは高いことがわかったのだ。
ならば今ブレれば負けだ。

|

« 2018-2019シーズンの千葉ジェッツと私。 | トップページ | 河田が鳴らす反攻の鐘!ヴォルティス、苦戦を制して5試合ぶり凱歌。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018-2019シーズンの千葉ジェッツと私。 | トップページ | 河田が鳴らす反攻の鐘!ヴォルティス、苦戦を制して5試合ぶり凱歌。 »