« 勝負の夏に挑む。ヴォルティス、小さな躓きに止まることなく進め。 | トップページ | ヴォルティス、ネバーギブアップ!!!小さな闘士たちの意気。 »

2019年7月14日 (日)

ヴォルティス、100%発揮して逃した勝利、掴んだ力。

2019J2リーグ 第22節 鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 2 柏レイソル
【得点】徳島:61'渡井 理己
    柏 :86'鎌田 次郎、90'瀬川 祐輔

 
この試合の重要性は監督、選手たちは本当に、そして誰よりも理解していたのだろう。
準備してきて練ったシステムは、相手の名将と呼ばれる百戦錬磨のネルシーニョ監督の裏をかいた。
多くの人の予想を裏切り、ヴォルティスはレイソルの守備を翻弄し押し込む試合を披露した。
この試合のヴォルティスはほとんどの局面でレイソルに競り勝ち、封じ、いなし続けた。
今季、いや過去のヴォルティスの試合の中で、ここまで攻守でヴォルティスが勢いじゃなく、安定感で圧倒した試合はないかもしれない。
本当に準備から含め、素晴らしい試合を披露したと思う。

 
それでも勝てなかった。
結果が何よりも必要だったこの試合で、上述のように素晴らしい試合を披露したと讃えても勝てなけりゃ意味ないという言葉も当然理解できる。
それでもね...といいたくなるほどの試合だったのが今となっては無念ではある。
結果を掴ませてあげたかったね。
敗因はヴォルティス側にはなかったと思える試合だっただけにね。

 
キャプテンの岩尾は”全員ができることを全てやった”と試合後に語っていた。
誰もがどうして負けたのか整理できていないと思う。

 
試合展開のキーになったのが、佐藤の交代だったと思う人はいるのは当然だろう。
この日の佐藤はロングボールをほぼ全て収めて味方につなぎ続けた。
先制点もそうだった。
背後から圧を掛けた柏の選手に何もさせなかった。
全力で戦っていた佐藤は終盤はかなり疲労していた。
通常なら、あの時間帯で交代させるのは決しておかしなことではなく、残り10分ほどを交代した選手が埋めて試合を〆るのがよくあること。
それでも結果から逆算して佐藤交代をキーにする人がいてもおかしくないくらい佐藤は素晴らしかった。
しかし、交代した押谷に責任はないし、怪我上がりの河田ならもっと安心だったとも思えない。
敗因はヴォルティス側にはないと私は思っているから。

 
試合中に4バックから3バック、そして4バックに戻すなどヴォルティスに惑わされていたレイソルのネルシーニョ監督が取った最後の手は大谷の投入だった。
ボランチとして、キャプテンとしてレイソルを支えている大谷の存在は大きい。
大谷とヒシャルジソンの2人の存在は今のレイソルの復調の理由になっている。
ヒシャルジソンが出場停止でこの試合を欠場していた中で、大谷も怪我でベンチスタートだった。
この2人が先発でなかったことはこの試合の展開に大きく影響したことは間違いない。
この日の先発は手塚と小林だった。
大谷が投入されたことで試合は流れが変わった。
それも攻撃的なスキルをより持っていた手塚に代えて大谷を追いつきたい状況で投入したことが大きかったと思う。
そしてヴォルティスの決定機を幾度となく防いだGK中村の存在も大きかった。
他のGKだったらとっくに試合は決していただろう。
この2人がレイソルの勝利につながったとしか思えない。
しかし、決定的な勝因ではなかったと思う。
十分ヴォルティスが勝ち切れる範疇だった。
大谷投入時点で中村のゴールを破っていたのだから。

 
ヴォルティス側には何も落ち度のある選手はいなかったし、采配も、田向の怪我があったにせよ、後半アタマから渡井を投入して成功させたように落ち度はない。
佐藤交代も非常識でもなんでもなかった。
レフェリングも選手がいらつく場面は少しあったが決して大きな問題はなかった。同点ゴール直前の瀬川のボールがどちらボールかは微妙だったが、あれが直接の失点原因じゃないし、あの程度の事はどの試合でも起きている。それをつつくのはあえてたしなめるが勝利者に値しない。コーナーキックも決して決定的に不利な状況ではなかった。
最後の10分弱に待っていた展開は結局サッカーだからとしかあり得ることが起きたとしか思えない。
それは選手たちも十分わかっていて、集中して乗り切るためのすべてを出していたと確信できるから。

 
簡単に切り替えられるような敗戦ではない。
100%出した時のヴォルティスがどれほど強いのか、その強さがJ2レベルではないこともわかった。
今は慰めにもならないが、その持っている力、出せる力を信じるしかないことも。
そして、もっと強くなれるだろうことも。
まだ終わっちゃいない。
選手たちもみんなそう思っているだろう。
サポーターはそんな選手たちだとわかっているから付いてきたし、付いていく。
それが今日からの力になる。

|

« 勝負の夏に挑む。ヴォルティス、小さな躓きに止まることなく進め。 | トップページ | ヴォルティス、ネバーギブアップ!!!小さな闘士たちの意気。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝負の夏に挑む。ヴォルティス、小さな躓きに止まることなく進め。 | トップページ | ヴォルティス、ネバーギブアップ!!!小さな闘士たちの意気。 »