« 千葉ジェッツ、天皇杯敗退。今抱える問題と必要な覚悟。 | トップページ | 少し見えた好転のきざし。千葉ジェッツ、グラウジーズとの接戦を制す。 »

2019年12月 8日 (日)

あと一つ。ヴォルティス、新しい歴史を平塚から。

2019J2リーグ J1参入プレーオフ 2回戦 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム 
徳島ヴォルティス 1 - 0 モンテディオ山形
【得点】徳島:53'河田 篤秀
 
 
2014年にJ1に昇格したとき、きっとさらなる上に新しい歴史があって、このまま突き進むんだとみんな思っていたはずだ。
ACLにも行きたい。クラブワールドカップにも行きたい。
世界中誰でも知っているクラブ、選手とガチでやりたい。
日本に、世界に徳島を知らしめたい。
そんな思いと共に挑み、そのときは歴史の先は刻めなかった。
 
でも、歴史は後退したわけじゃない。
今、あと一歩で新しい歴史を刻むチャンスをモノにすることになったわけだが、あの屈辱の一年のために今、この瞬間が不なわけじゃない。
今は十分希望に満ちていて、そして自分たちがより強くなっていることも皆は感じられていていると思う。
良いことも悪かったことも全て今の土台となっている。
だから今までより強くなれているはずだ。
今の強さは全てリセットしてゼロから積み上げたわけじゃない。
みんなが忘れていない先の歴史への憧れを忘れずに選手たちを応援してきた積み上げだと思う。
歴史はずっと積み上げられてきている。
徳島ヴォルティスもだけど、徳島だって以前とは違う。
以前を知らない人、記憶に薄い人が大勢加わった。
応援していたけど今は来なくなった、これなくなった人。
すごく応援してくれていたけど、亡くなられた方もいる。
そういう全ての思いのために。 
新しい歴史を平塚から刻みましょう。
Dscn7307
Dscn7315
Dscn7332
201804140000812w500_1
日刊スポーツ様、お写真お借りしますことお許しください。
  

|

« 千葉ジェッツ、天皇杯敗退。今抱える問題と必要な覚悟。 | トップページ | 少し見えた好転のきざし。千葉ジェッツ、グラウジーズとの接戦を制す。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、天皇杯敗退。今抱える問題と必要な覚悟。 | トップページ | 少し見えた好転のきざし。千葉ジェッツ、グラウジーズとの接戦を制す。 »